ネット通販いいとこ悪いとこ

アマゾンで買った洋書

ローレンスの空飛ぶ家という映画をご存知ですか。
ディズニーの映画でとても有名らしいのですが、恥ずかしい話、軽めでテレビで放送されるまで私は全く知りませんでした。

 

偶然テレビでローレンスの空飛ぶ家を見ると、作品に夢中になりもっと知りたいという気持ちが強くなりました。英語にも興味を持っているので原書はないかと、はじめは最寄りの大きな本屋さんに行きました。洋書のコーナーでローレンスの空飛ぶを探してましたがなかなか見つかりません。最後にアマゾンのインターネットショップで探しました。

 

インターネットで探すとローレンスの空飛ぶ家の原題は「UP」だとわかりました。いくつかローレンスの空飛ぶ家の本があったのですが出版された年とか本の厚さが、インターネットでわかります。実際中身を見ることができなかったので、本の厚みから子供向けの本とか、推測ができます。

 

実際購入すると決めたのは、以前購入した出版社と同じ本があったからです。本を購入するときアマゾンはよく利用してるので、支払い方法や届け先がすでに登録されています。

 

商品が決まると、パスワードを入力し、購入ページに進みます。
あとは内容確認して決定ボタンを押します。今回購入したのは、中古の本でイギリスの本屋さんからの取り寄せでした。新刊本や国内からの発送ならば、2、3日で商品が届きます。今回は海外のお店だったので、10日程かかりましたが無事商品が届いています。大変便利な世の中になったと思います。